忍者ブログ

DANCE BOXのブログ

日がな一日、ダンスボックスの記録

[PR]

2017/10/24(Tue)05:23

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

【神戸アジコン/新長田のダンス事情(仮称)】神戸奄美会館、訪問!

2010/01/15(Fri)21:52

■■1月8日
■■@神戸奄美会館にて

新長田の駅から5分程のところにある神戸奄美会館へ行く。
先生の藤田幸子さんは新舞踊、奄美の踊り、琉球舞踊などをここで教えられている。
その初稽古におじゃました。8人のお弟子さんたちが、参加されていて、ほとんどの方が奄美出身。お稽古の前に色々とお話を聞く。
みなさん、昭和28年に奄美大島が本土復帰した折に、神戸に来られたそうである。沖縄の復帰と比べると早い時期ではあるが、戦後8年も占領されていたことは、初めて知った。
江戸時代は薩摩藩に占領されていたということで、ほぼ沖縄と同じような文化圏にあったようであるが、踊りに関しては奄美には古典的なものはなく、音楽だけであったらしい。
お稽古は初めに、次の会で踊られる、奄美の現在の歌謡に新しい振りをつけたもの。続いて、「六調」という宴会の最後にみんなで踊る踊り、これは細かい決まりがないようであるが、それが反対に踊りに勢いをつけている。それから闘牛の折に応援のために踊る「とんこ節」?を見せてもらう。
みなさん、おそらく70歳を越えておられると思うが、踊っている様子は乙女のようであった。
(O)
PR

No.72|dBを記録するCommentTrackback